» 未分類のブログ記事

酒酔い運転について

| 未分類 |

酒酔い運転は因習運転の中の一つです。
法律では、車に乗る際には手記を帯びて運転してはいけないと定められています。
つまり、日本では法律上、一滴でもアルコールを含んだ状態で運転をすると法律違反となり、罰則を受けるということになります。
まず、飲酒運転であるかどうかは、運転者の呼気を調べ、ある一定値以上のアルコール量が検出された際に判断されます。
この場合は因数運転の中の酒気帯び運転とされます。
酒気帯び運転はこのように明確な判断材料となる数値が設定されていますが、酒酔いの場合には明確な数値は設定されておらず、警察官本人の判断にゆだねられています。
酒酔いは、酒気帯び運転よりも状態が悪いときに適応されます。
例を挙げると、質問の受け答えがまともに出来ていない状態であるとか、ろれつがまわっていないだとか、車から降りて歩いてもらったときにまっすぐ歩けなかった理といったように、明らかに正常の意識では無い状態であるというように判断された場合には酒酔いであると判断されます。
もちろん、現行で取締りをする際に車が蛇行して運転をしているような場合は問題外です。
このように危険な状態で運転しているということもあり、事故を起こした場合は酒気帯び運転よりも厳しい罰則を受けることになります。

飲酒運転をしてしまいますと、罰則があるという事は誰でも分かっている事です。酒酔い運転をすると懲役5年以下または100万円以下の罰金、そして酒帯び運転なら懲役3年以下または50万円以下の罰金になっています。
かなり厳しい罰則になっています。
しかし、ここでもう1つ重要な事があり、それが運転者以外の者も責任を負わなければならないという事です。
酒気を帯びていて飲酒運転を行う人に対して車両を提供した場合、飲酒運転を行う恐れがある人に対してお酒類を提供した場合、車両の運転者がお酒を飲んで酔った状態である事を知っていたのに車を運転してほしいとお願いして同乗した場合、車両の運転者が酒気を帯びているのを知っているのに車を運転してほしいとお願いして同乗した場合は、罰則を受ける事になります。
これらは飲酒運転の共同不法行為にあたりますので、運転者だけが罰則を受けるというわけではないという事を把握しておきます。
罰則に関して、運手者が酒酔いか酒帯びかで変わってきますし、どのような行為をしたかで変わってきます。
ただ、罰則の内容自体は運転者と同じような罰則を受ける事になりますので非常に重たい罪である事を認識しなければならないです。

社会的制裁について

| 未分類 |

飲酒運転における処罰は近来かなり重い物があります。一番大きい金銭的な罪はその額を聞くだけでも飲酒運転が世の中から半分は減ったと言われる額です。又社会的制裁も受けます。マスコミから実名で報道されたり、個人攻撃などをされると社会的に葬られてしまいます。罰金の重さに匹敵する大きな事です。昨今飲酒運転の罰則がかなり重くなっていますが、これは必要不可欠な事です。飲酒運転は重大な事故を引き起こす可能性が極めて高いからです。自分では少し飲んだだけなので大丈夫と飲んで車に乗った人は皆言います。しかし、飲んで酔った状態で車を運転すると、判断力は鈍り気は大きくなりスピードを出し過ぎる傾向にあります。一番恐ろしいのは居眠り運転です。寝てしまってはどうにもなりません。飲酒運転による事故が多発しているため罰則も厳しくなったのです。ほんの少しでも飲んだら乗らない、乗るなら飲まないという気持ちが大事です。処罰の重さに比例して飲酒運転も激減し、事故も減っています。一晩拘置所に入って頭を冷やす羽目になる人も居ます。世の中から飲酒運転の事故を無くすためにはこの思い処罰も仕方の無い物と考えます。最近は飲食店も協力して、ドライバーには飲ませないという風潮があるのはとても良いことです。

民事責任について

| 未分類 |

万一、飲酒運転によって交通事故を引き起こすと、被害者から損害賠償を請求されます。人身事故では、民法の特別法である自動車損害賠償保障法(自賠法)が適用されます。このため、通常の不法行為の場合には被害者が加害者の過失を立証しなければならないのに対して、交通事故の場合には加害者が自分に過失がなかったことを立証しなければなりません。なお、物損事故には、自賠法は適用されず、原則どおり、民法が適用されます。このように事故を引き起こした者が民事責任を負うことに加え、運転者が飲酒していることを知りながら同乗した者も、飲酒運転を阻止しなかったこと等に責任が認められ、共同不法行為者として損害賠償を追及される可能性があります。この場合、それぞれの責任は、不真正連帯債務となり、被害者は生じた損害のすべてを1人に請求することもできます。請求された者は、支払いを拒むことができず、自分の支払部分を超える額については、後日、他の加害者に求償することになります。さらに、自賠法が適用される場合には、自動車の所有者も損害賠償を請求される可能性があります。加えて、業務用の車両で交通事故を引き起こした場合には、雇い主が民法715条に基づく使用者責任を追及される可能性があります。

刑事罰について

| 未分類 |

これから飲酒運転の刑事罰についてお話していきます。飲酒運転をしてしまって捕まりますと罰則を受ける事になります。
この時の罰則は道路交通法違反によるものと刑事関係の罰の2つあります。まず免許には点数というものがありますけど、飲酒運転をすると点数が大幅に減点されます。これは道路交通法違反の罰則です。
では、刑事関係の罰と言えば何があるのかといいますと、罰金または懲役刑があります。罰金か懲役刑どちらかになります。
酒酔い運転で捕まりますと、5年以下の懲役または100万円以下の罰金になります。このどちらかを選ぶ事が必要です。
次に、酒帯び運転となると3年以下の懲役または50万円以下の罰金になり、このどちらかを選ぶ事になります。
以上のような刑事関係の罰を受けます。つまり、飲酒運転は立派な刑事事件であるというのが言えます。
つまり、犯罪という事になりますのでそこを強く認識していく事が必要です。また、罰則は未成年者かそうでないかでまた違ってきます。
未成年者の場合は、罰則が軽くなる事があります。ただ、未成年者でも既に飲酒運転の前歴があると罰則が厳しくなってきます。
一番大切な事は飲酒運転をしないという事ですので、飲酒運転は犯罪である事を常に認識しておきます。

行政処分について

| 未分類 |

私たちは車社会で暮らしています。
車は私たちの生活の中にすっかり入り込み、仕事でもプライベートでも利用することがあります。
また日本のあらゆる産業は車と大きく関係しています。
車を直接運転したり扱ったりする産業もあれば、そうでなくても車で商品が配送されてそれを販売する産業もあります。
このように車は私たち人間と密接な関係があるのです。

この車を運転するには多くのルールを守らなければなりません。
ルールは教習所で教えられ、技能や学科を修了して卒業し、それらの試験を全てクリアすると免許が取得できます。
この免許を所持しながら車を運転しますが、ルールに違反した場合は行政処分があります。
この行政の処分は道路交通法で規定されており、それに沿って行われます。
違反の種類は沢山ありますが中でも多いのはスピード違反、一時不停止、駐車禁止、飲酒運転などです。
特に飲酒運転に関しては非常に厳しい処分が下されるようになっています。

飲酒運転は血中に含まれるアルコールの成分がどれくらいあるかで判断されます。
これが一定上の量になると飲酒運転になるのです。
また飲酒運転には酒気帯びと酒酔いがあります。
これらは人間の運転間隔を鈍らせ、とっさの判断が出来なくなる性質があります。
このことからアルコールに関しては厳重な取り締まりを強化しているわけです。

 

飲酒運転に対する処罰とその重さについて説明していきます。まず、飲酒運転をすると重い罰則を受ける事になりますので覚えておきます。
まず、車の点数が引かれます。アルコール濃度が0.15以上0.25の時には13点引かれますし、0.25以上の場合は25点引かれてしまいます。
一発で免許取り消しになる場合もあります。また、13点の場合でも、以前に他の違反で点数を引かれている場合は、場合によっては免許取り消しになってしまう事もありますので大幅に点数が引かれる事になってきます。
また、罰則は点数だけではないです。酒酔い運転ですと5年以下の懲役または100万円以下の罰金、酒帯び運転ですと3年以下の懲役または50万円以下の罰金になり、刑事罰にも問われてしまいます。
このように、飲酒運転をしてそれが見つかってしまいますと自分にとってかなり重大な罰則を受ける事になるので飲酒運転はぜったいにしないという事が必要になります。
また、飲酒運転は運転者だけでなくて同乗者の人も罪に問われる可能性が高く、さらに飲酒している人に車を貸した人にも罰則があるので注意が必要です。
飲酒をしている人に車を貸さない、運転させないという事が必要です。

飲酒運転による事故が後を絶たない現在、飲酒運転に関する罰則の定義も改正されています。事故が減らないと言うこともありその罰則は厳罰化の傾向にあります。飲酒運転とはその名前の通りお酒を飲んで運転をするということになります。屋酔え事故を起こさなかった場合でも罰則の対象になります。飲酒運転には酒酔い運転という物があります。これは飲んだお酒の量にかかわらず、お酒を飲んで運転をしたということで呼気中のアルコール濃度にかかわらずその対象になります。その際には警察の人が総合的に判断をするのですが、直立不動が可能かや歩行困難ではないかなどが確認されます。これに対して酒気帯び運転があります。これは呼気中のアルコール濃度が0.15ミリグラム以上が対象となります。この状態で運転をしている状態のことを言います。この場合違反原点は6点ということになっています。そして呼気中のアルコール濃度が1.25ミリグラム以上の場合には、違反点数が13点という事になっています。いずれも免許停止期間がそれぞれ30日と90日設けられています。刑罰としては1年以下の懲役又は30万円以下の罰金と言うことになっています。飲酒運転は事故を起こしてしまってからでは遅いので飲んだら運転をしないという心がけを大切にします。

日本の道路交通法では、飲酒運転は2種類に分けられています。それは「酒気帯び運転」と「酒酔い運転」です。「酒気帯び運転」とは、呼気中アルコール濃度が1L中0,15mg以上で、血中アルコール濃度が1ml中0,03%以上を基準にしています。この基準を超えると罰則の対象になります。「酒酔い運転」とは、呼気から出たアルコール濃度と関係なく、まっすぐ歩けるかどうか、視覚や平衡感覚が正常に保たれているかどうかなどを、総合的に見て判断します。飲んだ酒の量に関係なく、酒に酔っている状態の事です。この場合はアルコール濃度が基準を下回っていたとしても、罰則の対象になる時があります。「酒気帯び運転」の場合の違反点数は6点です。しかし、呼気中アルコール濃度が0,25mg以上になると、13点という倍以上の点数を引かれることになります。「酒酔い運転」の場合の違反点数は25点になっています。アルコールが体内から完全に抜けるまでにどれくらいかかるかというと、体格や飲んだ量でも違ってはきますが一般的に、缶ビール350ml1本で3時間~4時間、2本飲むと4時間~5時間かかると言われています。飲んだら完全に抜けるまでは運転しない、というのは当然の事です。