行政処分について

| 未分類 |

私たちは車社会で暮らしています。
車は私たちの生活の中にすっかり入り込み、仕事でもプライベートでも利用することがあります。
また日本のあらゆる産業は車と大きく関係しています。
車を直接運転したり扱ったりする産業もあれば、そうでなくても車で商品が配送されてそれを販売する産業もあります。
このように車は私たち人間と密接な関係があるのです。

この車を運転するには多くのルールを守らなければなりません。
ルールは教習所で教えられ、技能や学科を修了して卒業し、それらの試験を全てクリアすると免許が取得できます。
この免許を所持しながら車を運転しますが、ルールに違反した場合は行政処分があります。
この行政の処分は道路交通法で規定されており、それに沿って行われます。
違反の種類は沢山ありますが中でも多いのはスピード違反、一時不停止、駐車禁止、飲酒運転などです。
特に飲酒運転に関しては非常に厳しい処分が下されるようになっています。

飲酒運転は血中に含まれるアルコールの成分がどれくらいあるかで判断されます。
これが一定上の量になると飲酒運転になるのです。
また飲酒運転には酒気帯びと酒酔いがあります。
これらは人間の運転間隔を鈍らせ、とっさの判断が出来なくなる性質があります。
このことからアルコールに関しては厳重な取り締まりを強化しているわけです。