飲酒運転に対する処罰とその重さについて説明していきます。まず、飲酒運転をすると重い罰則を受ける事になりますので覚えておきます。
まず、車の点数が引かれます。アルコール濃度が0.15以上0.25の時には13点引かれますし、0.25以上の場合は25点引かれてしまいます。
一発で免許取り消しになる場合もあります。また、13点の場合でも、以前に他の違反で点数を引かれている場合は、場合によっては免許取り消しになってしまう事もありますので大幅に点数が引かれる事になってきます。
また、罰則は点数だけではないです。酒酔い運転ですと5年以下の懲役または100万円以下の罰金、酒帯び運転ですと3年以下の懲役または50万円以下の罰金になり、刑事罰にも問われてしまいます。
このように、飲酒運転をしてそれが見つかってしまいますと自分にとってかなり重大な罰則を受ける事になるので飲酒運転はぜったいにしないという事が必要になります。
また、飲酒運転は運転者だけでなくて同乗者の人も罪に問われる可能性が高く、さらに飲酒している人に車を貸した人にも罰則があるので注意が必要です。
飲酒をしている人に車を貸さない、運転させないという事が必要です。