刑事罰について

| 未分類 |

これから飲酒運転の刑事罰についてお話していきます。飲酒運転をしてしまって捕まりますと罰則を受ける事になります。
この時の罰則は道路交通法違反によるものと刑事関係の罰の2つあります。まず免許には点数というものがありますけど、飲酒運転をすると点数が大幅に減点されます。これは道路交通法違反の罰則です。
では、刑事関係の罰と言えば何があるのかといいますと、罰金または懲役刑があります。罰金か懲役刑どちらかになります。
酒酔い運転で捕まりますと、5年以下の懲役または100万円以下の罰金になります。このどちらかを選ぶ事が必要です。
次に、酒帯び運転となると3年以下の懲役または50万円以下の罰金になり、このどちらかを選ぶ事になります。
以上のような刑事関係の罰を受けます。つまり、飲酒運転は立派な刑事事件であるというのが言えます。
つまり、犯罪という事になりますのでそこを強く認識していく事が必要です。また、罰則は未成年者かそうでないかでまた違ってきます。
未成年者の場合は、罰則が軽くなる事があります。ただ、未成年者でも既に飲酒運転の前歴があると罰則が厳しくなってきます。
一番大切な事は飲酒運転をしないという事ですので、飲酒運転は犯罪である事を常に認識しておきます。