酒酔い運転について

| 未分類 |

酒酔い運転は因習運転の中の一つです。
法律では、車に乗る際には手記を帯びて運転してはいけないと定められています。
つまり、日本では法律上、一滴でもアルコールを含んだ状態で運転をすると法律違反となり、罰則を受けるということになります。
まず、飲酒運転であるかどうかは、運転者の呼気を調べ、ある一定値以上のアルコール量が検出された際に判断されます。
この場合は因数運転の中の酒気帯び運転とされます。
酒気帯び運転はこのように明確な判断材料となる数値が設定されていますが、酒酔いの場合には明確な数値は設定されておらず、警察官本人の判断にゆだねられています。
酒酔いは、酒気帯び運転よりも状態が悪いときに適応されます。
例を挙げると、質問の受け答えがまともに出来ていない状態であるとか、ろれつがまわっていないだとか、車から降りて歩いてもらったときにまっすぐ歩けなかった理といったように、明らかに正常の意識では無い状態であるというように判断された場合には酒酔いであると判断されます。
もちろん、現行で取締りをする際に車が蛇行して運転をしているような場合は問題外です。
このように危険な状態で運転しているということもあり、事故を起こした場合は酒気帯び運転よりも厳しい罰則を受けることになります。