社会的制裁について

| 未分類 |

飲酒運転における処罰は近来かなり重い物があります。一番大きい金銭的な罪はその額を聞くだけでも飲酒運転が世の中から半分は減ったと言われる額です。又社会的制裁も受けます。マスコミから実名で報道されたり、個人攻撃などをされると社会的に葬られてしまいます。罰金の重さに匹敵する大きな事です。昨今飲酒運転の罰則がかなり重くなっていますが、これは必要不可欠な事です。飲酒運転は重大な事故を引き起こす可能性が極めて高いからです。自分では少し飲んだだけなので大丈夫と飲んで車に乗った人は皆言います。しかし、飲んで酔った状態で車を運転すると、判断力は鈍り気は大きくなりスピードを出し過ぎる傾向にあります。一番恐ろしいのは居眠り運転です。寝てしまってはどうにもなりません。飲酒運転による事故が多発しているため罰則も厳しくなったのです。ほんの少しでも飲んだら乗らない、乗るなら飲まないという気持ちが大事です。処罰の重さに比例して飲酒運転も激減し、事故も減っています。一晩拘置所に入って頭を冷やす羽目になる人も居ます。世の中から飲酒運転の事故を無くすためにはこの思い処罰も仕方の無い物と考えます。最近は飲食店も協力して、ドライバーには飲ませないという風潮があるのはとても良いことです。