飲酒運転による事故が後を絶たない現在、飲酒運転に関する罰則の定義も改正されています。事故が減らないと言うこともありその罰則は厳罰化の傾向にあります。飲酒運転とはその名前の通りお酒を飲んで運転をするということになります。屋酔え事故を起こさなかった場合でも罰則の対象になります。飲酒運転には酒酔い運転という物があります。これは飲んだお酒の量にかかわらず、お酒を飲んで運転をしたということで呼気中のアルコール濃度にかかわらずその対象になります。その際には警察の人が総合的に判断をするのですが、直立不動が可能かや歩行困難ではないかなどが確認されます。これに対して酒気帯び運転があります。これは呼気中のアルコール濃度が0.15ミリグラム以上が対象となります。この状態で運転をしている状態のことを言います。この場合違反原点は6点ということになっています。そして呼気中のアルコール濃度が1.25ミリグラム以上の場合には、違反点数が13点という事になっています。いずれも免許停止期間がそれぞれ30日と90日設けられています。刑罰としては1年以下の懲役又は30万円以下の罰金と言うことになっています。飲酒運転は事故を起こしてしまってからでは遅いので飲んだら運転をしないという心がけを大切にします。