飲酒運転をしてしまいますと、罰則があるという事は誰でも分かっている事です。酒酔い運転をすると懲役5年以下または100万円以下の罰金、そして酒帯び運転なら懲役3年以下または50万円以下の罰金になっています。
かなり厳しい罰則になっています。
しかし、ここでもう1つ重要な事があり、それが運転者以外の者も責任を負わなければならないという事です。
酒気を帯びていて飲酒運転を行う人に対して車両を提供した場合、飲酒運転を行う恐れがある人に対してお酒類を提供した場合、車両の運転者がお酒を飲んで酔った状態である事を知っていたのに車を運転してほしいとお願いして同乗した場合、車両の運転者が酒気を帯びているのを知っているのに車を運転してほしいとお願いして同乗した場合は、罰則を受ける事になります。
これらは飲酒運転の共同不法行為にあたりますので、運転者だけが罰則を受けるというわけではないという事を把握しておきます。
罰則に関して、運手者が酒酔いか酒帯びかで変わってきますし、どのような行為をしたかで変わってきます。
ただ、罰則の内容自体は運転者と同じような罰則を受ける事になりますので非常に重たい罪である事を認識しなければならないです。